上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小学校の時からの友達が居るんです

そいつは俺の家と近くて、行き帰りを一緒にしていたのですが

中学校の時に転校していったんですよ

俺があんまり学校に行けなかった1年生のときだったので、別れも言えずに転校してしまったのですが

そいつが、今年の4月ごろに俺の家に来たんですよ

一瞬誰だか分りませんでした

でも、声は変わってないように思えて まぁ、実際は変わってるんだろうけど

「よぉ!ひさしぶり!!」

って言ったら

「やぁ!○ちゃん!」  (俺は小学校の時から名前のかしら文字にちゃんづけされてる)

って俺らの歳にしてはすこし高い声で返ってきて

それから俺の部屋でいろんなことを話したりしました

俺「彼女いんの?w」

友「ああ、いるさ」

俺「へぇ どんなかんじ?」

友「小学校の時の○○みたいなやつだよ」

俺「ああw前からああいうやつが好きだったよなww」

友「すこし幼いのがまた・・・」

俺「ちょwお前ロリコンすぎw」

友「うるせい!」

こんな会話を2時間もして

それで、俺の中学の三年間を話して、同じようなことになってたことも知って

趣味についても話して、萌えキャラカードを集めててすこし引いたが・・・

それでも面白かった

そして、その日に俺が

俺「俺さぁ、ゲームとかつくってみたいんだよねぇ」

友「おお!私も作ってみたかったんだよ」

俺「おkwよろしく」

それからずっとPCのソフトをダウンロードしたり

あほな話をしたり

それで時間がすぎて

友「GWあたりにまた来るよ」

俺「おお、とりあえず色々進めてみようぜw」

俺、友「じゃあな~」


5月3日

その友達から電話がきて

俺の家に来るってはなしで

3時ごろに来てそれからずっと創作ものについて話してて

必要なソフトをダウンロードして

準備が整ったところで晩飯の時間で

俺「食ってけよ 今日は焼肉だぜ」

友「ええ?良いの?」

俺「うるさい 食え」

食べながら話をした

戦争のこと ゲームのこと 学校のこと

話してるうちに腹いっぱいになったから

俺「もういいや~腹いっぱいです ごちそうさま~」

友「○ちゃん前より食わなくなったねぇ」

俺「そうかぁ?ま、一時期に比べりゃいいほうよぉ」

友「私もそういうときがあったからねぇ ポテチ一枚で腹いっぱいってときも」

俺「へー・・・」

友「お前だけじゃないんだよw大変だったのは」

そして飯を食った後にまた俺の部屋のPCに向かい

創作もののストーリーについて話したり どう担当するかを決めたり

俺「仲間だと思ったやつがラスボスってどうYO」

友「べただなぁww」

俺「じゃあ 木に話しかけたら 俺が出てくるって設定でおk?」

友「名案だなwww」

こんなくだらない話が止まらなくて

時計をみるともう11時^^;

8時間も居たのかw

学校にいる時間と変わらないのに こんなに時間はすぎるのが早いものなんだなと思えるぐらい

時間が早く流れて

俺「ま、11時だしまた今度な~」

友「ああ、とりあえずメールアドレスの設定はしたし大丈夫だな」

俺「そうさなぁ チャットで色々話すべ」

友「おk じゃあな」

俺「バイビー」


午前中の起きてからの5時間はゆっくり流れてた時間が

その友達がくるだけでここまでの差があるとはなぁ

って今でさえ思える

そして、チャットをしてるときに一緒に小説をつくることになり

色々浮かんできた

べただろうけども 自分が好きな話

それをゆっくり書いていこうと 作り上げていこうと思う

それにしても・・・あいつ

爺臭くなったなぁww


こんな糞長くなったのは初めてですね

なんかすみません

とりあえず今日は満足した



スポンサーサイト
2010.05.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekotannkawayusu.blog122.fc2.com/tb.php/88-2176fed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。