上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
はい、今回は孵化です。

必要なもの

PHS エメタイマー 徘徊が3匹いるロム 6vメタモン(できればいるといい

PHSで使うところは、いつも通り赤いパネルと、紫の「その他いろいろ」というパネルです

赤パネルは、(孵化) にして、4~4だけ前のseedを出力 にします。

そして、理想個体を入れればおkです。

なぜ、6vメタモンが必要かというと、(孵化)という風にすると緑色っぽいパネルが出ます。

そこに、親の個体値を入れるからです。

vor0以外なら全部0で良いです。

個体値の遺伝も含むので、6vだと楽です。ってことだけですな


まず、色違いにするとしてもしないとしても基本2回seedを合わせることとします。

なぜ、2回か・・・



それは、卵ができる瞬間に「性格」「色違いかどうか」「性別」「特性」が決まります。

ここでは個体値は決まりません

そして、卵を受け取るときに「個体値」が決まります。

なので、卵を作る前に一回合わせて、卵ができたら爺さんの前でセーブし、またseedを合わせる、そして、爺さんに卵をもらった後にseedが合ってるか確認する。

こんな感じです。

そこで注意しなければならないのが、NPCの存在なんですね

2回目は連打で受け取ります。なぜなら、消費はと決めたからです。

4の消費の3は言うまでもなく徘徊

1の消費は爺さんから卵をもらうところ

なんですね

なので、短パン君は先にぬっころしたほうがいいかも

ここから先は固定も徘徊も孵化も同じです。


最近適当になってるけど、まぁ、いいか(殴

スポンサーサイト
2010.06.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekotannkawayusu.blog122.fc2.com/tb.php/102-0eb69037
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。